So-net無料ブログ作成
検索選択

マレーシア機が墜落した原因は

ウクライナでマレーシア機のボーイング777が墜落した事件?事故?ですが、真相はどうなんでしょうか。

ウクライナのポロシェンコ大統領はマレーシア機が墜落したのはテロの仕業だと言っています。

マレーシア機が飛行していたのは高度1万メートルの上空。

新露派勢力の幹部は、「高度1万メートルのマレーシア機を撃ち落とす武器は持っていない」と言っています。ウクライナ側の攻撃によりマレーシア機が墜落した可能性があると主張しているそうです。

しかし実際は、新露派も「SA11地対空ミサイルを入手したことを認めたと」ロイター通信が書いていましたので新露派もウクライナもどちらも撃墜しようと思えばできたということになります。

ちなみに、新露派が利用している武器「スティンガー(原型)」は射程4000~5000メートル。スティンガーもパワーアップを繰り返しているが現状の射程は8000メートル程。 

スティンガー

525px-FIM-92_Stinger_USMC.JPG

http://ja.wikipedia.org/wiki/ 

ウクライナはもちろん、新露派も地対空ミサイルを持っており1万メートルでも射程範囲内です。

20130831112751144.jpg 

今の所は、マレーシア機の墜落の理由は分かっていませんが、飛行時の音声などが記録されている「ブラックボックス」は回収したそうなので、もう少ししたら原因が解明されると思われます。


スポンサードリンク
お金専門学校
スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。