So-net無料ブログ作成
検索選択

残業代ゼロ制度導入が本格化だって!いつから、どんな職業が該当するのか

政府が前々から言っていた、「残業代ゼロ」の労働制度を導入する方針のようです。該当する人ですが高度な専門職の人と管理職手前の「中核・専門的な職種の幹部候補」について導入を検討するとのこと。

残業代ゼロをいつから始めようとしているのかというと2016年の4月から施行したいようです。

今のところ、残業代ゼロの制度が該当する人というのは事業計画策定する現場責任者やIT、金融コンサルタントなんかが該当する案のようです。高度な専門職って医師なんかも該当するのか法案が完成しないと分からない状態です。

当初年収1000万円以上の人という年収制限があったようですがいつの間にやら消されたり色々修正している最中みたいで‥‥。

具体的な1000万円を消して、抽象的な幹部候補にするなんてさすが騙すのがうまいですよね。お金の価値は変動するから1000万円という数値を決めてしまわない方がいいのかもしれないですが、判断基準が曖昧すぎてとても微妙ですよね。
 
国に色々な申請するときは、具体的な要件や標準処理期間がありますから一般の人が判断しやすいようにしてほしいものです。


現状は、管理職は残業代ゼロ(管理職手当があるので)で、それに加えて幹部候補(予備軍)と高度な専門職(お金稼いでる人)に対して残業代ゼロにしますよって言ってますから労働者としてはかなり損な法律ですよね。実際得をするのは経営者だけです。

真面目な人(仕事を時間内に終わらすのがベストですが終わらない時)ほど残業代ゼロで残って仕事をすると思いますのでこの仕組みはどうかなと思います。


民間の残業代ゼロにするんだったら公務員もしろとネットで騒がれてますがどの辺で落ち着くのか今後の動向に注目です。

スポンサードリンク
お金専門学校
スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。